プレスリリース

2021年01月05日 : 明けましておめでとうございます

毎々ご高配を賜り、心から厚く御礼申し上げます。
ナカサクは、本年もみなさまと共に元気に頑張ります。よろしくお願い申し上げます。

昨年は、庚子(かのえ・ね)の年でした。庚は、更新(かわる)の意味で、成長しきった木が、次に繋ぐための花を咲かせ実を結ぶ体制に変わっていく節目を示し、子は、孳(滋・しげる)の意味で、固い殻に入った種子から芽を吹き出すエネルギーを感じるべき時、ただこのエネルギーは、まだまだ地上からは感じられず、固い冬の土の中に隠れていると、書かせていただきました。厳しいコロナ下で、禅譲的な政権交代がなされたことを暗示していたような気がします。
2021年は、辛丑(かのと・うし)の年です。辛は、入れ墨に使う針の象形で、つらい、厳しいの意味があるようです。丑は、生まれて始めて手を伸ばす象形で、始める、結ぶの意味があるようです。いよいよ新しい体制に変わっていくのですが、過去を懐かしむあまり、新旧での葛藤が起こり、新旧どちらも辛く感じるような年になりそうな予感がします。過ぎたことに囚われず、アフターコロナの新しい仕組みを、できるだけ無理なく自分のものにしていく「努力」「辛抱」をしていこうと考えています。
世の中が大きく変わる中でも、今ある生活をよりよくするために、今までの仕組みをゼロベースにして、デジタルトランスフォーメーション(DX)を始めとする技術を次々と取り入れていきます。
何よりも、皆様のご指導を賜り、納期・品質・コスト・技術開発を推し進め、新しい時代を生み出す「辛抱」ができる、心なりとも軽やかな働き者でありたいと考えます。

本年も、なお一層の指導ご鞭撻を心からお願い申し上げます。
厳冬の中でございます、何とぞご自愛の上、ご活躍を心からお祈り申し上げます。

株式会社ナカサク 代表取締役社長 中作佳正拝

? ×!=∞



トップページ | ナカサクとは | See It Now !! | 納入実績 | 工場設備 | 会社案内